詩篇81篇

聖歌隊の指揮者によってギテトのしらべにあわせてうたわせたアサフの歌

われらの力なる神にむかって高らかに歌え。

ヤコブの神にむかって喜びの声をあげよ。

歌をうたい、鼓を打て。

良い音の琴と立琴とをかきならせ。

新月と満月とわれらの祭の日とに

ラッパを吹きならせ。

これはイスラエルの定め、

ヤコブの神のおきてである。

神が出てエジプトの国を攻められたとき、

ヨセフのなかにこれを立てて、あかしとされた。

わたしはかしこでまだ知らなかった言葉を聞いた、

「わたしはあなたの肩から重荷をのぞき、

あなたの手をかごから免れさせた。

あなたが悩んだとき、呼ばわったので

わたしはあなたを救った。

わたしは雷の隠れた所で、あなたに答え、

メリバの水のほとりで、あなたを試みた。〔セラ

わが民よ、聞け、わたしはあなたに勧告する。

イスラエルよ、あなたがわたしに聞き従うことを望む。

あなたのうちに他の神があってはならない。

あなたは外国の神を拝んではならない。

わたしはエジプトの国から、

あなたをつれ出したあなたの神、主である。

あなたの口を広くあけよ、わたしはそれを満たそう。

しかしわが民はわたしの声に聞き従わず、

イスラエルはわたしを好まなかった。

それゆえ、わたしは彼らを

そのかたくなな心にまかせ、

その思いのままに行くにまかせた。

わたしはわが民のわたしに聞き従い、

イスラエルのわが道に歩むことを欲する。

わたしはすみやかに彼らの敵を従え、

わが手を彼らのあだに向けよう。

主を憎む者も彼らに恐れ従い、

彼らの時はとこしえに続くであろう。

わたしは麦の最も良いものをもってあなたを養い、

岩から出た蜜をもってあなたを飽かせるであろう」。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。