詩篇76篇

聖歌隊の指揮者によって琴にあわせてうたわせたアサフの歌、さんび

神はユダに知られ、

そのみ名はイスラエルにおいて偉大である。

その幕屋はサレムにあり、

そのすまいはシオンにある。

かしこで神は弓の火矢を折り、

盾とつるぎと戦いの武器をこわされた。〔セラ

あなたは永久の山々にまさって

光栄あり、威厳がある。

雄々しい者はかすめられ、彼らは眠りに沈み、

いくさびとは皆その手を施すことができなかった。

ヤコブの神よ、あなたのとがめによって、

乗り手と馬とは深い眠りに陥った。

しかし、あなたこそは恐るべき方である。

あなたが怒りを発せられるとき、

だれがみ前に立つことができよう。

あなたは天からさばきを仰せられた。

神が地のしえたげられた者を救うために、

さばきに立たれたとき、地は恐れて、沈黙した。〔セラ

まことに人の怒りはあなたをほめたたえる。

怒りの余りをあなたは帯とされる。

あなたがたの神、主に誓いを立てて、それを償え。

その周囲のすべての者は

恐るべき主に贈り物をささげよ。

主はもろもろの君たちのいのちを断たれる。

主は地の王たちの恐るべき者である。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。