詩篇67篇
聖歌隊の指揮者によって琴にあわせてうたわせた歌、さんび

どうか、神がわれらをあわれみ、われらを祝福し、
そのみ顔をわれらの上に照されるように。〔セラ

これはあなたの道があまねく地に知られ、
あなたの救の力がもろもろの国民のうちに
知られるためです。

神よ、民らにあなたをほめたたえさせ、
もろもろの民にあなたをほめたたえさせてください。

もろもろの国民を楽しませ、
また喜び歌わせてください。
あなたは公平をもってもろもろの民をさばき、
地の上なるもろもろの国民を導かれるからです。〔セラ

神よ、民らにあなたをほめたたえさせ、
もろもろの民にあなたをほめたたえさせてください。

地はその産物を出しました。
神、われらの神はわれらを祝福されました。

神はわれらを祝福されました。
地のもろもろのはてにことごとく
神を恐れさせてください。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。