ヨブに答えて、主は仰せになった。

全能者と言い争う者よ、引き下がるのか。

神を責めたてる者よ、答えるがよい。

ヨブは主に答えて言った。

わたしは軽々しくものを申しました。

どうしてあなたに反論などできましょう。

わたしはこの口に手を置きます。

ひと言語りましたが、もう主張いたしません。

ふた言申しましたが、もう繰り返しません。

主は嵐の中からヨブに答えて仰せになった。

男らしく、腰に帯をせよ。

お前に尋ねる。わたしに答えてみよ。

お前はわたしが定めたことを否定し

自分を無罪とするために

わたしを有罪とさえするのか。

お前は神に劣らぬ腕をもち

神のような声をもって雷鳴をとどろかせるのか。

威厳と誇りで身を飾り

栄えと輝きで身を装うがよい。

怒って猛威を振るい

すべて驕り高ぶる者を見れば、これを低くし

すべて驕り高ぶる者を見れば、これを挫き

神に逆らう者を打ち倒し

ひとり残らず塵に葬り去り

顔を包んで墓穴に置くがよい。

そのとき初めて、わたしはお前をたたえよう。

お前が自分の右の手で

勝利を得たことになるのだから。

見よ、ベヘモットを。

お前を造ったわたしはこの獣をも造った。

これは牛のように草を食べる。

見よ、腰の力と腹筋の勢いを。

尾は杉の枝のようにたわみ

腿の筋は固く絡み合っている。

骨は青銅の管

骨組みは鋼鉄の棒を組み合わせたようだ。

これこそ神の傑作

造り主をおいて剣をそれに突きつける者はない。

山々は彼に食べ物を与える。

野のすべての獣は彼に戯れる。

彼がそてつの木の下や

浅瀬の葦の茂みに伏せると

そてつの影は彼を覆い

川辺の柳は彼を包む。

川が押し流そうとしても、彼は動じない。

ヨルダンが口に流れ込んでも、ひるまない。

まともに捕えたり

罠にかけてその鼻を貫きうるものがあろうか。

お前はレビヤタンを鉤にかけて引き上げ

その舌を縄で捕えて

屈服させることができるか。

お前はその鼻に綱をつけ

顎を貫いてくつわをかけることができるか。

彼がお前に繰り返し憐れみを乞い

丁重に話したりするだろうか。

彼がお前と契約を結び

永久にお前の僕となったりするだろうか。

お前は彼を小鳥のようにもてあそび

娘たちのためにつないでおくことができるか。

お前の仲間は彼を取り引きにかけ

商人たちに切り売りすることができるか。

お前はもりで彼の皮を

やすで頭を傷だらけにすることができるか。

彼の上に手を置いてみよ。

戦うなどとは二度と言わぬがよい。

(ヨブ記 第40章)

後二回で終了します。

愛の樹オショチ†

アルブレヒト・デューラー「ヨブと妻」(1504)

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。