【主なる神の言葉】
主は嵐の中からヨブに答えて仰せになった。

これは何者か。
知識もないのに、言葉を重ねて
神の経綸を暗くするとは。

男らしく、腰に帯をせよ。
わたしはお前に尋ねる、わたしに答えてみよ。

わたしが大地を据えたとき
 お前はどこにいたのか。知っていたというなら
 理解していることを言ってみよ。

誰がその広がりを定めたかを知っているのか。
誰がその上に測り縄を張ったのか。

基の柱はどこに沈められたのか。
誰が隅の親石を置いたのか。

そのとき、夜明けの星はこぞって喜び歌い
 神の子らは皆、喜びの声をあげた。

海は二つの扉を押し開いてほとばしり
 母の胎から溢れ出た。

わたしは密雲をその着物とし
 濃霧をその産着としてまとわせた。

しかし、わたしはそれに限界を定め
 二つの扉にかんぬきを付け

「ここまでは来てもよいが越えてはならない。
高ぶる波をここでとどめよ」と命じた。

お前は一生に一度でも朝に命令し
曙に役割を指示したことがあるか

大地の縁をつかんで
神に逆らう者どもを地上から払い落とせと。

大地は粘土に型を押していくように姿を変え
すべては装われて現れる。

しかし、悪者どもにはその光も拒まれ
振り上げた腕は折られる。

お前は海の湧き出るところまで行き着き
深淵の底を行き巡ったことがあるか。

死の門がお前に姿を見せ
死の闇の門を見たことがあるか。

お前はまた、大地の広がりを
 隅々まで調べたことがあるか。
そのすべてを知っているなら言ってみよ。

光が住んでいるのはどの方向か。
暗黒の住みかはどこか。

光をその境にまで連れていけるか。
暗黒の住みかに至る道を知っているか。

そのときお前は既に生まれていて
人生の日数も多いと言うのなら
これらのことを知っているはずだ。

お前は雪の倉に入ったことがあるか。

 霰の倉を見たことがあるか。

災いの時のために
戦いや争いの日のために
 わたしはこれらを蓄えているのだ。

光が放たれるのはどの方向か。

東風が地上に送られる道はどこか。

誰が豪雨に水路を引き
稲妻に道を備え

まだ人のいなかった大地に
無人であった荒れ野に雨を降らせ
乾ききったところを潤し
青草の芽がもえ出るようにしたのか。

雨に父親があるだろうか。
誰が露の滴を産ませるのか。

誰の腹から霰は出てくるのか。
天から降る霜は誰が産むのか。

水は凍って石のようになり
深淵の面は固く閉ざされてしまう。

すばるの鎖を引き締め
オリオンの綱を緩めることがお前にできるか。

時がくれば銀河を繰り出し
大熊を子熊と共に導き出すことができるか。

天の法則を知り
その支配を地上に及ぼす者はお前か。

お前が雨雲に向かって声をあげれば
洪水がお前を包むだろうか。

お前が送り出そうとすれば
稲妻が「はい」と答えて出て行くだろうか。

誰が鴾に知恵を授け
誰が雄鶏に分別を与えたのか。

誰が知恵をもって雲を数え
天にある水の袋を傾けるのか。

塵が溶けて形を成し
土くれが一塊となるように。

お前は雌獅子のために獲物を備え
その子の食欲を満たしてやることができるか。

雌獅子は茂みに待ち伏せ
その子は隠れがにうずくまっている。

誰が烏のために餌を置いてやるのか。

その雛が神に向かって鳴き
食べ物を求めて迷い出るとき。

(ヨブ記 第38章)

後、四回続きます。

愛の樹オショチ†

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。