詩篇64篇
聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌

神よ、わたしが嘆き訴えるとき、
わたしの声をお聞きください。
敵の恐れからわたしの命をお守りください。

わたしを隠して、悪を行う者の
ひそかなはかりごとから免れさせ、
不義を行う者のはかりごとから免れさせてください。

彼らはその舌をつるぎのようにとぎ、
苦い言葉を矢のように放ち、

隠れた所から罪なき者を射ようとする。
にわかに彼を射て恐れることがない。

彼らは悪い企てを固くたもち、
共にはかり、ひそかにわなをかけて言う、
「だれがわれらを見破ることができるか。

だれがわれらの罪をたずね出すことができるか。
われらは巧みに、
はかりごとを考えめぐらしたのだ」と。
人の内なる思いと心とは深い。

しかし神は矢をもって彼らを射られる。
彼らはにわかに傷をうけるであろう。

神は彼らの舌のゆえに彼らを滅ぼされる。
彼らを見る者は皆そのこうべを振るであろう。

その時すべての人は恐れ、神のみわざを宣べ伝え、
そのなされた事を考えるであろう。

正しい人は主にあって喜び、かつ主に寄り頼む。
すべて心の直き者は誇ることができる

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。