詩篇63篇
ユダの野にあったときによんだダビデの歌

神よ、あなたはわたしの神、
わたしは切にあなたをたずね求め、
わが魂はあなたをかわき望む。
水なき、かわき衰えた地にあるように、
わが肉体はあなたを慕いこがれる。

それでわたしはあなたの力と栄えとを見ようと、
聖所にあって目をあなたに注いだ。

あなたのいつくしみは、いのちにもまさるゆえ、
わがくちびるはあなたをほめたたえる。

わたしは生きながらえる間、あなたをほめ、
手をあげて、み名を呼びまつる。

わたしが床の上であなたを思いだし、
夜のふけるままにあなたを深く思うとき、
わたしの魂は髄とあぶらとをもって
もてなされるように飽き足り、
わたしの口は喜びのくちびるをもって
あなたをほめたたえる。

あなたはわたしの助けとなられたゆえ、
わたしはあなたの翼の陰で喜び歌う。

わたしの魂はあなたにすがりつき、
あなたの右の手はわたしをささえられる。

しかしわたしの魂を滅ぼそうとたずね求める者は
地の深き所に行き、

つるぎの力にわたされ、山犬のえじきとなる。

しかし王は神にあって喜び、
神によって誓う者はみな誇ることができる。
偽りを言う者の口はふさがれるからである。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。