【学舎】

神学校の講義は、静かな黙想から始まった。

それから賛美歌を肩を組み合って歌う。

変わった歌い方であった。

その日、先生の目に留まった者が祈る†

魂を揺する祈りであった。

聖書講義が始まると不思議な雰囲気に包まれた。

辺りに聖霊の臨在感が漂う。

私は物理学者の友人に助けられて少しずつ覚えていった。

ヘブル語、ギリシャ語に、カタカナをふった。

時々、ヘブル語の歌を歌った。

黒板にヘブル語が書かれ、カタカナのルビがふられ、その下に意味が解説されている。

たとえば、旧約聖書の詩編57:9は、ダビデの神に対する切ない思いが、すーっと入り込んできた。

目覚めよ、わたしの誉れよ、目覚めよ、竪琴よ、琴よ。わたしは曙を呼び覚まそう。

♪ウラウラウラケボデー、ウラウラウラハネベール♪

哀調を帯びた歌に聞こえた。

物見の兵士が、長い夜、夜明けを待ち侘びて、夜空を見上げながら、竪琴を弾いて曙を呼び覚ます。

如何にダビデが神を慕い待ち侘び、求めていたかその心が伝わった。

わたしは感動しながら歌った♪

【二年目の春】

突然先生の部屋に呼ばれた。

一人であった。

しばらく間を置いて、先生が口を開いた。

「授業はどうですか?進んでいますか?」

当たり障りのない質問であった。

何か大事な話があるに違いないと考えて、私から思い切って尋ねた。

「先生、私に何か大事なお話があるのでは?差し支えなければ、お話しください」と、きりこんだ。

黙って腕組みしていた先生から意外な言葉が飛び出した。

「君の二年目以降の授業はやめにする」

私は驚きを隠せなかった。

「やはり私にここの授業は無理でしたか?」

「わかりました。退学届けを出します」と、答えて頭を下げた。

びっくりしたのはその後である。

いや違う!実は、君に是非とも頼みたいことがあります。僕の生涯の夢です。教団が大きくなり過ぎて、夢が叶いません。わたしたちの知らないところで、わたしたちの指の間から、砂がこぼれ落ちるように本当に助けたい魂が、こぼれ落ちています。

なんとかしたい。私は君のような魂の持ち主が現れるのを待っていました。イエスのようにどん底の魂のために、私に出来なかった使命に投げ身してください。身代わりを頼みたい!

ここの授業は原則三年間ですが繰り上げ卒業とします。中には十年間も通っている人も居ますがね!

ここで君が学ぶことはありません。私もこれ以上教えることはありません。

ここの酸素は君に足りない!

と、頭を下げられた。 

「皆には私から君の繰り上げ卒業を伝えます。」

繰り上げ卒業は意外中の意外であった。

その日静かに学舍を後にした。

神の御旨なら従う他はない。

しかし寂寥感は拭えない。

師は故・吉村騏一郎先生であった。

銀行員から宗教家になられ、イエスのふるさと、イスラエルで本格的に学んだ師であった。

シオニストではない。

癌で亡くなられたと後日訃報が届いた。

涙がこぼれてとまらない。

先生との出合いから、もう四十年の歳月が流れた。

【独立伝道】

私は先生との約束を果たすために、真剣に考えに考えて、先ず山に入り、一週間の断食から始めた。

場所は箱根、大涌谷の馬酔(あしび→ツジ科)の林の奥の大きな岩穴であった。

風向きに気をつけた。

地底から吹き上げる白い蒸気に混じってガスが立ち込めていた。

天気の好い日は蝶々が翔んできた。

足元で蟻たちがせっせと働いている。

たまに足にはい上がってくる。

薄は地中深く根を張り、地上に背の低い尖った葉を少し伸ばしていた。

昆虫も植物も環境に一番適した生き方を本能的に選んでいる。

感心しながら、空腹に耐えていた。 

苦難に満ちた独立伝道の始まりであった。

キリスト教の仲間から異端視され、気が狂った男、ペスト、コレラ菌を持った危険な男と陰口を叩かれ、私は甘んじて陰口を引き受けた。

続きます。

愛の樹オショチ†

 大涌谷

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。