さてヨブよ、わたしの言葉を聞き
わたしの言うことによく耳を傾けよ。

見よ、わたしは口を開き
舌は口の中で動き始める。

わたしの言葉はわたしの心を率直に表し
唇は知っていることをはっきりと語る。

神の霊がわたしを造り
全能者の息吹がわたしに命を与えたのだ。

答えられるなら、答えてみよ。
備えをして、わたしの前に立て。

神の前では、わたしもあなたと同じように
土から取られたひとかけらのものにすぎない。

見よ、わたしには脅かすような威力はない。
あなたを押さえつけようとしているのではない。

あなたが話すのはわたしの耳に入り
声も言葉もわたしは聞いた。

「わたしは潔白で、罪を犯していない。
わたしは清く、とがめられる理由はない。

それでも神はわたしに対する不満を見いだし
わたしを敵視される。

わたしに足枷をはめ
行く道を見張っておられる。」

ここにあなたの過ちがある、と言おう。
神は人間よりも強くいます。

なぜ、あなたは神と争おうとするのか。
神はそのなさることを
 いちいち説明されない。

神は一つのことによって語られ
また、二つのことによって語られるが
人はそれに気がつかない。

人が深い眠りに包まれ、横たわって眠ると
夢の中で、夜の幻の中で

神は人の耳を開き
懲らしめの言葉を封じ込められる。

人が行いを改め、誇りを抑え

こうして、その魂が滅亡を免れ
命が死の川を渡らずに済むようにされる。

苦痛に責められて横たわる人があるとする。
骨のうずきは絶えることなく

命はパンをいとい
魂は好みの食べ物をすらいとう。

肉は消耗して見えなくなり

見えなかった骨は姿を現し

魂は滅亡に
命はそれを奪うものに近づいてゆく。

千人に一人でもこの人のために執り成し

その正しさを示すために
 遣わされる御使いがあり

彼を憐れんで
「この人を免除し、滅亡に落とさないでください。
代償を見つけて来ました」と言ってくれるなら

彼の肉は新しくされて
 若者よりも健やかになり

再び若いときのようになるであろう。

彼は神に祈って受け入れられ
歓びの叫びの内に御顔を仰ぎ

再び神はこの人を正しいと認められるであろう。

彼は人々の前でたたえて歌うであろう。

「わたしは罪を犯し
正しいことを曲げた。
それはわたしのなすべきことではなかった。

しかし神はわたしの魂を滅亡から救い出された。
わたしは命を得て光を仰ぐ」と。

まことに神はこのようになさる。
人間のために、二度でも三度でも。

その魂を滅亡から呼び戻し

命の光に輝かせてくださる。

ヨブよ、耳を傾けて
わたしの言うことを聞け。

沈黙せよ、わたしに語らせよ。
わたしに答えて言うことがあるなら、語れ。

正しい主張を聞くのがわたしの望みだ。
言うことがなければ、耳を傾けよ。

沈黙せよ、わたしがあなたに知恵を示そう。

(ヨブ記 第33章)

続きます。

愛の樹オショチ†

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール「妻に嘲られるヨブ」 1630前半

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。