詩篇58篇
聖歌隊の指揮者によって、「滅ぼすな」というしらべにあわせてうたわせたダビデのミクタムの歌

あなたがた力ある者よ、
まことにあなたがたは正しい事を語り、
公平をもって人の子らをさばくのか。

否、あなたがたは心のうちに悪い事をたくらみ、
その手は地に暴虐を行う。

悪しき者は胎を出た時から、そむき去り、
生れ出た時から、あやまちを犯し、偽りを語る。

彼らはへびの毒のような毒をもち、
魔法使または巧みに呪文を唱える者の声を聞かない
耳をふさぐ耳しいのまむしのようである。

神よ、彼らの口の歯を折ってください。
主よ、若いししのきばを抜き砕いてください。

彼らを流れゆく水のように消え去らせ、
踏み倒される若草のように衰えさせてください。

また溶けてどろどろになるかたつむりのように、
時ならず生れた日を見ぬ子のようにしてください。

あなたがたの釜がまだいばらの熱を感じない前に
青いのも、燃えているのも共につむじ風に
吹き払われるように彼らを吹き払ってください。

正しい者は復讐を見て喜び、
その足を悪しき者の血で洗うであろう。

そして人々は言うであろう、
「まことに正しい者には報いがある。
まことに地にさばきを行われる神がある」と。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。