詩篇53篇
聖歌隊の指揮者によってマハラテのしらべにあわせてうたわせたダビデのマスキールの歌

愚かな者は心のうちに「神はない」と言う。
彼らは腐れはて、憎むべき不義をおこなった。
善を行う者はない。

神は天から人の子を見おろして、
賢い者、神を尋ね求める者があるかないかを見られた。

彼らは皆そむき、みなひとしく堕落した。
善を行う者はない、ひとりもない。
悪を行う者は悟りがないのか。
彼らは物食うようにわが民を食らい、
また神を呼ぶことをしない。

彼らは恐るべきことのない時に大いに恐れた。
神はよこしまな者の骨を散らされるからである。
神が彼らを捨てられるので、
彼らは恥をこうむるであろう。

どうか、シオンからイスラエルの救が出るように。
神がその民の繁栄を回復される時、
ヤコブは喜び、イスラエルは楽しむであろう。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。