詩篇52篇
聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデのマスキールの歌。これはエドムびとドエグがサウルにきて、「ダビデはアヒメレクの家にきた」と告げたときにダビデがよんだもの

力ある者よ、何ゆえあなたは
神を敬う人に与えた災について誇るのか。
あなたはひねもす人を滅ぼすことをたくらむ。

虚偽を行う者よ、あなたの舌は鋭いかみそりのようだ。

あなたは善よりも悪を好み、
まことを語るよりも偽りを語ることを好む。〔セラ

欺きの舌よ、あなたはすべての滅ぼす言葉を好む。

しかし神はとこしえにあなたを砕き、
あなたを捕えて、その天幕から引き離し、
生ける者の地から、あなたの根を絶やされる。〔セラ

正しい者はこれを見て恐れ、彼を笑って言うであろう、

「神をおのが避け所とせず、その富の豊かなるを頼み、
その宝に寄り頼む人を見よ」と。

しかし、わたしは神の家にある
緑のオリブの木のようだ。
わたしは世々かぎりなく神のいつくしみを頼む。

あなたがこの事をなされたので、
わたしはとこしえに、あなたに感謝し、
聖徒の前であなたのみ名をふれ示そう。
これはよいことだからである。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。