詩篇49篇
聖歌隊の指揮者によってうたわせたコラの子の歌

もろもろの民よ、これを聞け、
すべて世に住む者よ、耳を傾けよ。

低きも高きも、富めるも貧しきも、共に耳を傾けよ。

わが口は知恵を語り、わが心は知識を思う。

わたしは耳をたとえに傾け、
琴を鳴らして、わたしのなぞを解き明かそう。

わたしをしえたげる者の不義が
わたしを取り囲む悩みの日に、
どうして恐れなければならないのか。

彼らはおのが富をたのみ、
そのたからの多いのを誇る人々である。

まことに人はだれも自分をあがなうことはできない。
そのいのちの価を神に払うことはできない。

とこしえに生きながらえて、墓を見ないために
そのいのちをあがなうには、あまりに価高くて、
それを満足に払うことができないからである。

まことに賢い人も死に、
愚かな者も、獣のような者も、ひとしく滅んで、
その富を他人に残すことは人の見るところである。

たとい彼らはその地を自分の名をもって呼んでも、
墓こそ彼らのとこしえのすまい、
世々彼らのすみかである。

人は栄華のうちに長くとどまることはできない、
滅びうせる獣にひとしい。

これぞ自分をたのむ愚かな者どもの成りゆき、
自分の分け前を喜ぶ者どもの果である。〔セラ

彼らは陰府に定められた羊のように
死が彼らを牧するであろう。
彼らはまっすぐに墓に下り、そのかたちは消えうせ、
陰府が彼らのすまいとなるであろう。

しかし神はわたしを受けられるゆえ、
わたしの魂を陰府の力からあがなわれる。〔セラ

人が富を得るときも、
その家の栄えが増し加わるときも、恐れてはならない。

彼が死ぬときは何ひとつ携え行くことができず、
その栄えも彼に従って下って行くことは
ないからである。

たとい彼が生きながらえる間、自分を幸福と思っても、
またみずから幸な時に、人々から称賛されても、

彼はついにおのれの先祖の仲間に連なる。
彼らは絶えて光を見ることがない。

人は栄華のうちに長くとどまることはできない。
滅びうせる獣にひとしい。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。