クリスマス・待降節・(アドベント)に入っています。

世界中が騒つく、クリスマスです

マザーテレサの祷り†を掲載します。

神の愛が、罪の不幸や、世界を分断している恐怖、葛藤、緊張のすべてよりも、

無限に力があり、神の慈しみが、もっと優しいものであることを、わたしたちは、ほんとうに信じているのでしょうか、

もちろん、人間の手や心が作り上げた、
もっとも強力な爆弾や銃などは、比べものにならないことを。

【ヨブ記】14です。

人は女から生まれ、人生は短く
苦しみは絶えない。

花のように咲き出ては、しおれ
影のように移ろい、永らえることはない。

あなたが御目を開いて見ておられるのは
このような者なのです。このようなわたしをあなたに対して
裁きの座に引き出されるのですか。

汚れたものから清いものを
引き出すことができましょうか。
だれひとりできないのです。

人生はあなたが定められたとおり
月日の数もあなた次第。
あなたの決定されたことを人は侵せない。

御目をこのような人間からそらせてください。
彼の命は絶え
傭兵のようにその日を喜ぶでしょう。

木には希望がある、というように
木は切られても、また新芽を吹き
若枝の絶えることはない。

地におろしたその根が老い
幹が朽ちて、塵に返ろうとも

水気にあえば、また芽を吹き
苗木のように枝を張る。

だが、人間は死んで横たわる。
息絶えれば、人はどこに行ってしまうのか。

海の水が涸れ
川の流れが尽きて干上がることもあろう。

だが、倒れ伏した人間は
再び立ち上がることなく
天の続くかぎりは
その眠りから覚めることがない。

どうか、わたしを陰府に隠してください。
あなたの怒りがやむときまで
わたしを覆い隠してください。
しかし、時を定めてください
わたしを思い起こす時を。

人は死んでしまえば
もう生きなくてもよいのです。
苦役のようなわたしの人生ですから
交替の時が来るのをわたしは待ち望んでいます。

呼んでください、わたしはお答えします。
御手の業であるわたしを尋ね求めてください。

その時には、わたしの歩みを数えてください。
わたしの過ちにもはや固執することなく

わたしの罪を袋の中に封じ込め
わたしの悪を塗り隠してください。

しかし、山が崩れ去り
岩がその場から移され

水が石を打ち砕き
大地が塵となって押し流される時が来ても
人の望みはあなたに絶たれたままだ。

あなたは人をいつまでも攻め、追いやられる。
あなたは彼の顔かたちを変えて、追い払われる。

その子らが名誉を得ても、彼は知ることなく
彼らが不幸になっても、もう悟らない。

彼はひとり、その肉の痛みに耐え
魂の嘆きを忍ぶだけだ。

(ヨブ記第14章)

人々の心に本物の平和と幸せが与えられますよに祷ります†

続きます。
愛の樹オショチ†

 ウィリアム・ブレイク、ヨブ記への挿絵12「ヨブの悪い夢」、1825

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。