詩篇37:1~19

ダビデの歌

悪をなす者のゆえに、心を悩ますな。
不義を行う者のゆえに、ねたみを起すな。

彼らはやがて草のように衰え、
青菜のようにしおれるからである。

主に信頼して善を行え。
そうすればあなたはこの国に住んで、安きを得る。

主によって喜びをなせ。
主はあなたの心の願いをかなえられる。

あなたの道を主にゆだねよ。
主に信頼せよ、主はそれをなしとげ、

あなたの義を光のように明らかにし、
あなたの正しいことを真昼のように明らかにされる。

主の前にもだし、耐え忍びて主を待ち望め。
おのが道を歩んで栄える者のゆえに、
悪いはかりごとを遂げる人のゆえに、心を悩ますな。

怒りをやめ、憤りを捨てよ。
心を悩ますな、これはただ悪を行うに至るのみだ。

悪を行う者は断ち滅ぼされ、
主を待ち望む者は国を継ぐからである。

悪しき者はただしばらくで、うせ去る。
あなたは彼の所をつぶさに尋ねても彼はいない。

しかし柔和な者は国を継ぎ、
豊かな繁栄をたのしむことができる。

悪しき者は正しい者にむかって
はかりごとをめぐらし、これにむかって歯がみする。

しかし主は悪しき者を笑われる、
彼の日の来るのを見られるからである。

悪しき者はつるぎを抜き、弓を張って、
貧しい者と乏しい者とを倒し、
直く歩む者を殺そうとする。

しかしそのつるぎはおのが胸を刺し、
その弓は折られる。

正しい人の持ち物の少ないのは、
多くの悪しきの者の豊かなのにまさる。

悪しき者の腕は折られるが、
主は正しい者を助けささえられるからである。

主は全き者のもろもろの日を知られる。
彼らの嗣業はとこしえに続く。

彼らは災の時にも恥をこうむらず、
ききんの日にも飽き足りる。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。