【祷り†】

主よ
あなたの平和を
人びとにもたらす道具として
わたしをお使いください。

憎しみのあるところに愛を
不当な扱いのあるところに
ゆるしを

分裂のあるところに一致を

疑惑のあるところに信仰を
誤っているところに真理を

絶望のあるところに希望を

くらやみに光を
悲しみのあるところに喜びを
もっていくことが
できますように。

(マザー・テレサとその世界より)

『義人ヨブ11』の物語

ナアマ人ツォファルは話し始めた。

これだけまくし立てられては
答えないわけにいくまい。口がうまければそれで正しいと
認められるだろうか。

あなたの無駄口が人々を黙らせるだろうか。
嘲りの言葉を吐いて
恥をかかずに済むだろうか。

あなたは言う。
「わたしの主張は正しい。あなたの目にもわたしは潔白なはずだ」

と。

しかし、神があなたに対して唇を開き
何と言われるか聞きたいものだ。

神が隠しておられるその知恵を
その二重の効果をあなたに示されたなら
あなたの罪の一部を見逃していてくださったと
あなたにも分かるだろう。

あなたは神を究めることができるか。
全能者の極みまでも見ることができるか。

高い天に対して何ができる。
深い陰府について何が分かる。

神は地の果てよりも遠く
海原よりも広いのに。

神が傍らに来て捕え、集めるなら
誰が取り返しえようか。

神は偽る者を知っておられる。
悪を見て、放置されることはない。

生まれたときには人間も
ろばの子のようなものだ。
しかし、愚かな者も賢くなれる。

もし、あなたも正しい方向に思いをはせ
神に向かって手を伸べるなら

また、あなたの手からよこしまなことを遠ざけ
あなたの天幕に不正をとどめないなら

その時こそ
あなたは晴れ晴れと顔を上げ、動ずることなく
恐怖を抱くこともないだろう。

その時、あなたは労苦を忘れ
それを流れ去った水のように思うだろう。

人生は真昼より明るくなる。
暗かったが、朝のようになるだろう。

希望があるので安心していられる。
安心して横たわるために、自分のねぐらを掘り

うずくまって眠れば、脅かす者はない。
多くの人があなたの好意を求める。

だが、神に逆らう者の目はかすむ。
逃れ場を失って
希望は最後の息を吐くように絶える。

(ヨブ記第11章)

続きます。
愛の樹オショチ†

ウィリアム・ブレイク、ヨブ記への挿絵11「三人の友によって難詰されるヨブ」、1825

おすすめ記事

1件のコメント

  1. ああすれば良かったと、過去をかえりみても過去には戻れない。

    刻一刻とすぎていく今を悔やまないよう、感謝して、過ごしたいとおもいます。笑顔が絶えない日々が、先にあることを願って、頑張ろうとおもいます。 ありがとうございます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。