詩篇33篇

正しき者よ、主によって喜べ、
さんびは直き者にふさわしい。

琴をもって主をさんびせよ、
十弦の立琴をもって主をほめたたえよ。

新しい歌を主にむかって歌い、
喜びの声をあげて巧みに琴をかきならせ。

主のみことばは直く、
そのすべてのみわざは真実だからである。

主は正義と公平とを愛される。
地は主のいつくしみで満ちている。

もろもろの天は主のみことばによって造られ、
天の万軍は主の口の息によって造られた。

主は海の水を水がめの中に集めるように集め、
深い淵を倉におさめられた。

全地は主を恐れ、
世に住むすべての者は主を恐れかしこめ。

主が仰せられると、そのようになり、
命じられると、堅く立ったからである。

主はもろもろの国のはかりごとをむなしくし、
もろもろの民の企てをくじかれる。

主のはかりごとはとこしえに立ち、
そのみこころの思いは世々に立つ。

主をおのが神とする国はさいわいである。
主がその嗣業として選ばれた民はさいわいである。

主は天から見おろされ、
すべての人の子らを見、

そのおられる所から
地に住むすべての人をながめられる。
主はすべて彼らの心を造り、
そのすべてのわざに心をとめられる。

王はその軍勢の多きによって救を得ない。
勇士はその力の大いなるによって助けを得ない。

馬は勝利に頼みとならない。
その大いなる力も人を助けることはできない。

見よ、主の目は主を恐れる者の上にあり、
そのいつくしみを望む者の上にある。

これは主が彼らの魂を死から救い、
ききんの時にも生きながらえさせるためである。

われらの魂は主を待ち望む。
主はわれらの助け、われらの盾である。

われらは主の聖なるみ名に信頼するがゆえに、
われらの心は主にあって喜ぶ。
主よ、われらが待ち望むように、
あなたのいつくしみをわれらの上にたれてください。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。