人間、死を間近にすると、今まで見えなかったものが見えたり、気がつかなかった、こまごました事に気付いたりします。

不思議に心身が研ぎ澄すまされます。

他者への、優しさが与えられます。

鬼の様な心にも、慈悲心が与えられます。

心が変化します。

覚悟が与えられます。

死の恐怖感が薄らぎます。

人間に死を与えたもう御方がそうなさるのでしょう!

『この地上に生きる人間は兵役にあるようなもの。
傭兵のように日々を送らなければならない。

奴隷のように日の暮れるのを待ち焦がれ
傭兵のように報酬を待ち望む。

そうだ
わたしの嗣業はむなしく過ぎる月日。
労苦の夜々が定められた報酬。

横たわればいつ起き上がれるのかと思い
夜の長さに倦み
いらだって夜明けを待つ。
肉は蛆虫とかさぶたに覆われ
皮膚は割れ、うみが出ている。

わたしの一生は機の梭よりも速く望みもないままに過ぎ去る。

(注:梭→ひ。

機織りの横糸を巻いて管を入れて左右に忙しく動く船の形の道具)

忘れないでください
わたしの命は風にすぎないことを。
わたしの目は二度と幸いを見ないでしょう。

わたしを見ている目は、やがてわたしを見失い
あなたが目を注がれても
わたしはもういないでしょう。

密雲も薄れ、やがて消え去る。
そのように、人も陰府に下れば
もう、上ってくることはない。

再びその家に帰ることはなく
住みかもまた、彼を忘れてしまう。

わたしも口を閉じてはいられない。
苦悶のゆえに語り、悩み嘆いて訴えよう。

わたしは海の怪物なのか竜なのか
わたしに対して見張りを置かれるとは。

「床に入れば慰めもあろう

横たわれば嘆きも治まる」と思ったが
あなたは夢をもってわたしをおののかせ
幻をもって脅かされる。

わたしの魂は息を奪われることを願い
骨にとどまるよりも死を選ぶ。

もうたくさんだ、いつまでも生きていたくない。
ほうっておいてください
わたしの一生は空しいのです。

人間とは何なのか。
なぜあなたはこれを大いなるものとし
これに心を向けられるのか。

朝ごとに訪れて確かめ
絶え間なく調べられる。

いつまでもわたしから目をそらされない。
唾を飲み込む間すらも
ほうっておいてはくださらない。

人を見張っている方よ
わたしが過ちを犯したとしても
あなたにとってそれが何だというのでしょう。
なぜ、わたしに狙いを定められるのですか。
なぜ、わたしを負担とされるのですか。

なぜ、わたしの罪を赦さず
悪を取り除いてくださらないのですか。
今や、わたしは横たわって塵に返る。
あなたが捜し求めても
わたしはもういないでしょう。』

(ヨブ記7:1~21)

続きます。
愛の樹オショチ†

ウィリアム・ブレイク、ヨブ記への挿絵7「腫物でヨブを撃つサタン」、1825

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。