親愛なる神の友エリさんへ†

メール拝見しました。

ニュージャージーからミネソタ→シカゴへと神のご用のために、ミッションの旅大変でしたね!

人目に付かない静かな働きは御心に叶います。

我々の目指す先は、主のみもとですから、小さな仕事は神の導きによるものでしょう!

先に神の祝福が待ち受けています。

昔、国連の事務総長を勤めた、ダグ・ハマーショルドというお方が居られました。

えりさんも記憶されているかと思います?

彼は、アフリカで絶えない無謀な戦→残虐行→弱い人々の虐殺を、止めるために、飛行機に載りましたが、アフリカのジャングルに墜落して劇的な生涯を閉じました。

後で彼の日記に記されていた言葉に深く胸を打たれました。

神よ!人間に深く突き刺ささった刺を取り除いてください。
嫉妬と言う罪深い刺を!
国と国が嫉妬で対立する。
人間同士が争う。
嫉妬が如何に根深く醜いものであることか!
人間を狂気に駆り立てる!
嗚呼神よ†

私の記憶の中に焼き付いています。

表現は多少違っているかもしれませんが。

彼の悲痛な魂の叫びに人間の心の罪の暗黒を見ます。

イエス様もユダヤ人司祭達の標的になりましたね!

大祭司の嫉妬はイエス様の真理のみ言葉に恐れたのです。

あれから2100年も経ちましたが、人間が神の導きにより愛の存在者に進化したとは到底思えません。

まだまだ道遥か彼方ですね!

日本に渡来してこの国に根付いた仏教の一派の禅思想に「本来無一物」と言う教えがあります。

この意味は

人間本来無一物。心に執着するものがなければ迷いも生じない

西洋化された価値観では理解し難い教えですが、イエス様も

全て捨ててわたしに従いなさい。
大いなる神の祝福を受けるであろう!

と、弟子に語っています。

旧約の義人ヨブも

わたしは母の胎から裸で生まれた、また裸でかしこにかえろう

と、信仰告白をして神の祝福を受けました。

えりさんの神に与えられた祝福を誰も奪うことは出来ません。

「神のみが与え取りたもう」からです。

あなたに仇するもののために祷りなさい†が響きます†

プレシーとエリさんの使命とアメリカUCCPと、お国の方々のために祷りを捧げます†

神の祝福がありますように†

アーメン・ハレルヤ†

愛の樹オショチとエリさんの家族一同より。

ダグ・ハマーショルド

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。