オショチ様
ご心配させると思い、メールしませんでしたが、27日に、また入院しました。
食べられず、飲めずで、点滴と栄養剤で3日間を過ごし、食道のところの炎症、痛みがやっと薄らいだので、今日胃カメラ検査した結果、食道にやけどの後が見られるとのこと。熱いお茶や、カレーなどの刺激物を食べたため、炎症ひどくなったとのこと、原因わかりほっとしました。
食欲がないため、カレーを食べたのが、良くなかったと思います。これからは、熱いものや、刺激物は、避けて、注意して食べるようにします。体重も37キロ台になり、爪も色が変わりふらふらすると思ったら、栄養失調とのこと。
栄養剤をおなかに入れたら、元気になりました。今日昼より3分粥始まり、半分食べれました。
まだ胸焼けがありますが、頑張って食べて、元気になります。
先生もくれぐれもご自愛ください。
ありがとうございます。
SK
追伸:感謝します。もう一踏ん張り頑張って食べて、立ち止まらず、生きてみます。心配するひとがいる限り。今が、地の底だと感じます。頑張って這い上がります。ありがとうございます。

本当に大変な闘病生活の毎日ですね。

しかしあなたには勇気があります。

愛する命のために、何としても苦しい病に立ち向かう勇気があります。

生きるのは大変なことばかりですが、諦めたらそこで終わり()ですね。

だから諦めない。

死んで、重たい肉体を脱ぎ捨てて霊体になれば、どれほど軽やかになれるでしょうか!

私も時折、もう神様との約束(誓願)は果したし、この世に未練はないから、早く天に帰りたいと思うこともあります。

しかし願いはなかなか聴かれません。

人間は自分自身を持て余す存在ですね。

自分自身を自らの業で縛りつけます。

その挙げ句、さ迷い続け果てしなく彷徨う。

これが人間のあるがままの姿でしょう!

私は、自分自身すら救う力の持ち合わせが無いことに最近、気付きました。

時々ブログに掲載する【天路歴程・地路歴程】は、求道者の終わりのない旅の正直な信仰告白です。

その告白から、いろいろ気付かされました。

無力感のどん底で、神の救いの御手が差し伸べられると心底感じました。

「弱いときに神の力が働く」。

聖書に示されています†

さ迷い彷徨う人間の魂の帰り行く「魂のふるさと」は神の御手の中に飛び込んで初めてわかるものです。

実存、実体的、救いの世界→天国です†

しかしそこに到る路には、様々な苦難、困難、魂が煉獄で焼き尽くされ、精錬される試練の炎を潜り抜けねばなりません。

お互いボロボロの身体でしか無いけれど、愛する命のために力尽きるまで神に信じて生き抜きましょう!

それが私たちに与えられた恵みですから。

終わりに一筆書き添えます。

あなたが、とても息苦しい時、心がどうしょうもないとき、身体が悲鳴を上げそうになった時に、あなたは独りぽっちじゃないことを思い出してください。

神は生きてあなたの身近に居られます。あなたに、愛の眼差しを注いでおられます。

あなたの回復を信じて祷ります。

神に愛された、あなたへ。

あなたの友!

オショチ†

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。