詩篇2篇


なにゆえ、もろもろの国びとは騒ぎたち、

もろもろの民はむなしい事をたくらむのか。

地のもろもろの王は立ち構え、
もろもろのつかさはともに、はかり、
主とその油そそがれた者とに逆らって言う、

「われらは彼らのかせをこわし、
彼らのきずなを解き捨てるであろう」と。

天に座する者は笑い、
主は彼らをあざけられるであろう。

そして主は憤りをもって彼らに語り、
激しい怒りをもって彼らを恐れ惑わせて言われる、

「わたしはわが王を聖なる山シオンに立てた」と。

わたしは主の詔をのべよう。
主はわたしに言われた、「おまえはわたしの子だ。
きょう、わたしはおまえを生んだ。

わたしに求めよ、わたしはもろもろの国を
嗣業としておまえに与え、
地のはてまでもおまえの所有として与える。

おまえは鉄のつえをもって彼らを打ち破り、
陶工の作る器物のように彼らを
打ち砕くであろう」と。

それゆえ、もろもろの王よ、賢くあれ、
地のつかさらよ、戒めをうけよ。

恐れをもって主に仕え、おののきをもって

その足に口づけせよ。
さもないと主は怒って、
あなたがたを道で滅ぼされるであろう、
その憤りがすみやかに燃えるからである。
すべて主に寄り頼む者はさいわいである。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。