裕司とは昨夜、会話すみ。
裕司から来週、提案ある。
以下は皆へ 聖日礼拝†のありかたへの応答です。
なお、当日の礼拝は再録音され、こちらからお聞きいただけます。申し訳ありませんでした。

メールありがとうございます。本当に申し訳ありません。
昨晩、編集しなおすようお話もあったので、昨年末の横浜での出来事を録音、編集し、それをあらためてだしました。

日々聖霊は働き、各自がいろいろな体験をしていると思います。あらたな仕事への決心も、まったく別に見えるかもしれませんが、源はここから出ています。しかし、それが聖日礼拝に結びつかない、分かち合えない状況を、改めなくてはならないと思います。みんなで取り組まなければなりません。

また別件ですが、色彩のビデオの件、ホームページや地域のお祭り、子ども会の関係書類などが仕上がらない限り、新たな仕事への準備は気づいたことをメモする程度にしています。順番を守ります。
ーーー
裕司

*

和尚に出会ったころのことを思い返すと神様の世界に少しでも近づきたいというわくわくした思いがありました。その思いを大切にしていきたいと思います。
志朗

*

何もなかったところから、おしょちが祈りだけできて今、形になっていることを思います。

目標に向かって祈ること、そのために聖日礼拝の大切さを改めて思わされています。

聖霊が臨んでくださることを祈り求めていきます†
オカーチ

*

私たちにとって一番大事な聖日礼拝に、もっと聖霊が降り注いで下さいますようにと、心を尽くして祈っていきます†
ナオミ

*

今朝、与えられたことを、分かち合うことができませんでした。私の弱さです。
起き抜けの夢、小鳥たちの群れが、大きくうねりながら飛んでいます。弱いものは中に。傷ついた小鳥も落ちずに一緒に行けています。
いま愛の樹として私たちに与えられている変化は、個々人の救いから、群れとして、全体へと中心が移っているのではないでしょうか。そして、それは同時に、個々人の幸せを基盤としていると思いました。
この数年間、世間の中で、病棟で学んでいることも、見方を新たにするとここにつながると感じました。
みんなで、愛ある群れとしてとんでいけば、互いに弱さだめさを覆いあい、どの人もみんなとんでいけると。
拙ないですが、日田の家のビジョンでもあります。

ヨロちゃんは、ここのねこちゃんたちに受け入れられて、食事を積み重ねることで、色つやもよくなり、人(猫)相が穏やかに変わってきています。

おしょちに会える会えないではなく、聖霊にいただいてなくさずに分かち合っていくことを、転びつつでも、身につけていきます†
すみません。

かずえ

*

どうにも言葉にならずに中々返信出来ずにいました。

ひたすら祈り求める日々です。

キリストそのものの道をのみ歩いてきたオショチの道

恐ろしいほどに遥か遠い我が身を見ます。

我が身のことは何一つ求めず、全てを捨てて、人のためのみに生き、弟子たちを育て、その生きざまを私たちに示し続けて、全てを使い切ってしまった先生を前にして、それでもまだ成長できずに、頼り甘え続けている、自分がいます。

私達一人一人が心底変わって行かなければなりません!
オショチを通して頂いてきたこのキリストの愛を、真の温もりを伝えて行く者に!
今のままでは、その正反対になってしまいます!

オショチに、オショチの寛大さに頼りきり、寄り掛かりきってきた、今までの自分と別れ、注ぎ込まれたことをしっかり根本に、一人一人が芽を出し、皆で育て上げて行く、勇気を持ってその決意を!

主よ†どうかお導きを†

カズコ

*

オショチ†は身体が続く限り月に一度は聖日礼拝†を執り行いたいが
体調次第になる?

オショチ†の使命は
燃え尽きた。
後は皆の成長に任せる。
本気にならなければ、聖霊は働かないし、やがて消え去る。
人生最後の日に本気で備えよ!

*

観念的言葉は心の響きが無い。
具体的内容によってメッセージ送る訓練をしなさい!!
キリストが
全ての中心!

まだまだ、考え方が
肉の次元から抜け出して居ない。

オショチ†

*

構えた祈り、常套句の言葉など、根源的に違う。肉の響きがありすぎる。
深く新約聖書拝読してキリストの響きを響かせよ†
神のしもべ

オショチ†

見たくない自分から目を逸らしていました
卑怯でした
今この瞬間から
この醜悪さを
どんなに苦しくても
どこまでも見据えていきます
これなくして、何も始まらない

イエスキリストの御言葉をこの身に頂き、刻み込んでいきます。

絶対に諦めません!

カズコ

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。