シラ書27:1〜15

多くの者たちは、利益を求めて罪を犯し、
裕福になろうと躍起になっている者は、
    悪いことにも目をつぶる。

石と石との間にくいが打ち込まれるように、
物の売り買いには、不正行為が入り込む。

心から主を畏れ敬わなければ、
その家は、驚くほど急速に落ちぶれていく。

    言葉と心の思い

ふるいを揺さぶると滓が残るように、
人間も話をすると欠点が現れてくるものだ。

陶工の器が、かまどの火で吟味されるように、
人間は論議によって試される。

樹木の手入れは、実を見れば明らかなように、
心の思いは話を聞けば分かる。

話を聞かないうちは、人を褒めてはいけない。
言葉こそ人を判断する試金石であるからだ。

    真実

正しくあろうと努めるならお前はそうなれるし、
祭服のように足もとまで正しさを身にまとう。

鳥が類を求めて群れて休むように、
真実も、それを行う者たちの所へ戻って来る。

獅子が獲物を待ち伏せるように、
罪も、不正を志す者を待ち伏せる。

    愚か者の話

信仰深い人の話には、常に知恵がある。
愚か者は、月の形のように変わる。

良識を欠く者たちとは時を過ごすな。
思慮に富む人たちとは、長くいるようにせよ。

愚か者の無駄口は不快感を与え、
彼らは、罰当たりなことを笑い楽しむ。

みだりに呪う人の話には、身の毛がよだち、
彼らの言い争いには耳を覆いたくなる。

高慢な者たちの争いは流血ざたとなり、
彼らのののしり合いは耳に不快だ。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。