シラ書25:13〜26

悪妻と良妻
あらゆる傷の中で、
心の傷ほどいやし難いものはない。
あらゆる悪意の中で、
女の悪意ほど耐え難いものはない。
あらゆる災いの中で、
わたしを憎む者から受ける災いほど、
また、あらゆる復讐の中で、
敵から受ける復讐ほどひどいものはない。
蛇の頭よりも恐ろしい頭はない。
女のかんしゃくほど始末に負えないものはない。
獅子や竜と住む方が、
悪妻と暮らすよりはましである。
悪意に満ちた女はその形相が変わり、
顔つきは熊のように不機嫌になる。
彼女の夫は近所の家に行って食事をし、
思わず知らず、つらそうなため息をつく。
たちの悪い妻ほど始末に負えないものはない。
そういう女は、罪人の運命を、たどるがよい。
物静かな夫が口やかましい妻と暮らすのは、
まるで老人がその足で砂丘を登るようなものだ。
女の美貌に夢中になるな。
女におぼれるな。
妻が夫を養おうとすれば、
夫は腹を立て、面目を失い、
大いに屈辱を覚える。
悪妻は、夫の気持を卑屈にし、
顔つきを憂うつにさせ、
心を傷つける。
夫を不幸にする妻を持つと、
手は萎え、ひざが弱る。
女から罪は始まり、
女のせいで我々は皆死ぬことになった。
水槽の水漏れをほうっておくな。
悪妻に言いたいほうだい言わせるな。
妻がお前の指図に従わないなら、
彼女と縁を切れ。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。