シラ書25:1〜12

    称賛に値する人たち
わたしを大いに喜ばす三つのもの、
それは主にも人にも麗しい。
仲よく暮らしている兄弟、
友情で結ばれた隣人、
仲むつまじい夫婦。
わたしの嫌いな三種類の人、
その生き方にはたまらなく嫌気がさす。
横柄に物乞いをする者、
うそつきの金持ち、
分別を失った、みだらな老人。
若いとき知恵を身につけずに、
年老いてからどうやってそれを手に入れるのか。
健全な判断は年輪を重ねた者に、
確かな勧告は長老にふさわしい。
知恵は年を経た者たちに、
理解力と忠告は尊敬すべき年寄りにふさわしい。
豊富な経験こそ老人の冠であり、
主を畏れることこそ彼らの誇りである。
わたしが幸運だと思う九種類の人がいる。
十番目の人がいないわけではないが。
自分の子供を誇りに思える人。
生き永らえて、敵の没落を見届けられる人。
思慮深い妻を持つ人、
口を滑らせて失敗することのない人、
自分より劣る者に仕えなくてもよい人、
    こういう人々は幸いだ。
分別を身につけた人、
聴く耳を持つ者に語ることのできる人。
こういう人々は幸いだ。
更に偉大なのは知恵を身につけた人。
だが、主を畏れる人はもっと偉大だ。
主を畏れることはすべてにまさる。
主を畏れて生きる人に比べられる者はいない。
〔主を畏れることは主を愛することの初め、
信仰は、主に依り頼むことの初めである。〕

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。