シラ書 23:16〜28

    みだらな男
罪に罪を重ねる二種類の人があり、
第三の種類の人間は、神の怒りを招く。
燃え盛る火のような熱い情欲は、
燃え尽きるまで、決して消えない。
みだらな人間は、自分の体を肉欲に任せ、
火が彼を焼き尽くすまで、
    とどまることを知らない。
女好きの人間には、
    どんなパンでもおいしく、
死ぬまで、これに飽きることはない。
自分の寝床を抜け出す男は、
心の中で言う。「だれが見ているものか。
周りは暗闇だし、壁がわたしを隠している。
だれも見ていない。何を恐れる必要があろうか。
いと高き方は、わたしの罪など、
    少しも気に留めはしない」と。
彼が恐れるのは、人の目だけである。
彼は知らないのだ。主の目は、
太陽より一万倍も明るく、
人間のすべての歩みを見極め、
隠れたところまでも、お見通しであることを。
万物は、創造される以前から主に知られ、
また、その完成の後も、同様である。
こういう男は、町の大通りで処罰され、
彼が思いもかけなかった所で、捕らえられる。

    みだらな女
夫を顧みず、よその男によって
世継ぎをもうける女も、同様である。
第一に、こういう女はいと高き方の律法に背き、
第二に、夫を裏切り、
第三に、みだらにも姦淫を行い、
よその男によって子をもうけたからである。
こういう女は、会衆の前に引き出され、
その子供たちにも、罰が及ぶ。
その子供たちは、根づくこともなく、
枝を張って実を結ぶこともない。
こういう女は呪われた者として人々に記憶され、
その汚名は消えることはない。
こうして、後に残った人々は悟るであろう。
主を畏れることは、すべてにまさり、
主の戒めに従うことは何よりも麗しいと。
〔神に従うことは、大いなる誉れ。
長寿は、お前が神に受け入れられた印である。〕

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。