シラ書21:1〜14

    罪を避けよ
子よ、お前は罪を犯した。二度と繰り返すな。
過去の罪については、赦しをこいねがえ。
蛇を避けるように、罪を避けよ。
近寄れば、かみつかれてしまう。
その歯は、獅子の歯のようなもの、
人の命を奪い取る。
あらゆる不法は、両刃の剣のようなもの、
その傷は、いやすすべがない。
威嚇と横柄は、富を損ない
高慢な者の家は覆される。
貧しい人の口から出る願いは、主の耳に達し、
主の裁定は、速やかに下される。
訓戒を嫌う者は、罪人の道をたどる。
主を畏れる人は、心の底から、主に立ち帰る。
雄弁家の名声は、遠くまで知れ渡るが、
賢い人はその失言をすぐに見抜く。
借金して家を建てる者は、
石を集めて自分の墓を建てるようなものだ。
無法者の集まりは、麻屑の束。
彼らは、燃え盛る火となって絶え果てる。
罪人の歩む道は、平坦な石畳であるが、
その行き着く先は、陰府の淵である。

    知恵ある人と愚か者
律法を守る人は、自分の思いに振り回されない。
主を畏れることは、知恵に至る。
賢さに欠ける者には、教育の施しようがない。
しかし、苦さを含む賢さもある。
知恵ある人の知識は、洪水のようにあふれ、
その勧告は、命の泉のようである。
愚か者の腹は、壊れた壺のようなもの、
どんな知識もこぼれ出てしまう。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。