宇宙には、暗黒物質(ダークマター)が無数に存在すると聞きました(暗黒星雲→ブラックホール等)。

来年8月に打ち上げられる、超小型衛星ナノジャスミンの測定距離は三百光年程度。

2016年ごろには「小型ジャスミン」、2020年代には「ジャスミン」を打ち上げる計画で、大型化を図りながら、二万六千光年離れた銀河系の中心部まで観測する予定だそうです(関連記事)。

暗黒物質の謎に迫る人類の挑戦だと思いますが!

気の遠くなるような長い時間と手間、費用を掛けて、人間の知恵の限界ギリギリまで謎解きの闘いになるのでしょう(写真は暗黒星雲のひとつーオリオン座の馬頭星雲)。

光と闇は切っても切れない双子のような気がします。

闇から光が生まれた。

水は火から生まれた!

光と闇、旧約聖書、創世記、天地創造のスケールの大きな神話には圧倒されます。

聖書の世界では、闇と光は神と悪魔の関係でたとえられますが、これを人間の生活に関わる、わたしたちの身辺、心身に置き換えて見ました。

人間も小宇宙の生き物。

病にかかり、ある日、良性の細胞が癌に突然変異し、肉体を蝕む。

精神もまた時には蝕まれます。

闇の支配者(サタン)が、もたらす病魔、精神疾患、犯罪、等々です!

暗黒物質→ブラックボックスの中の存在、何か目に見えないものに支配されている気がします。

人間はある意味では無防備の存在者ですから、得体の知れない魔的なものに狙われやすいです。

本人の意識外?とんでもない事態に引きこまれてしてしまいます。

キリストの弟子で様々な、体験者である、聖パウロは、生涯、自らを戒めるため、「アナテマ→呪われた者」と自覚して、内在する罪を告白しました。

勇気ある告白です。

彼はいくら自助努力しても拭いきれない悪!人間の中に潜む深い罪を自覚し、苦しみました。

親からの遺伝子と言ってしまえばそれだけのことですが?本当に根深い罪に手を焼きキリストに全てあるがままを投げ身して救われました。

彼は聖霊の愛に目覚めたのです。

わたしを突然襲った病魔と闘いの苦しい最中、頼りない、自分を投げ捨てて、宇宙の中に実在する不思議な力に心身を委ねた時に生きる力を得ました。

正確には言えば、与えられました。

ダークマターは身近に存在すると感じています。

見分けは難しいですが、祈れば何かに手応えがあります。

とりとめのない話になりましたが、闇から光の世界への移行は、案ずるより産むがやすしの体験談でした。

シャローム(平安)があります様に†

愛の樹オショチ†

おすすめ記事

2件のコメント

  1. 宇宙の中の不思議な力!!残された時を平穏で、暮らしたいと、願っていますが、不安は、ありますが、今を、悔いのないよう生き、歩んだ道に、何かを残したいと思っています。ありがとうございますヾ(^▽^)ノ

  2.  オショチ様、私は今日、心の暗闇のなかでもがいておりました。諦めて暗闇のなかに安息を見出そうと思いましたが、光を求めて頑張ります。心がつらい時にオショチ様のブログを読ませていただくと前向きな気持ちになります。ありがとうございます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。