久しぶりにS君に電話を入れてみた。

彼は不在。

奥さんが代わりに出てくれた。

若い頃私は或る教団の小さな神学校(聖書塾 )で、真剣に聖書を学びキリストの教え→聖霊の愛に触れたいと切願し、独立伝道を目指して、厳しい学びに取り組んでいた。

必死だった。

その時に出会った御方が我が生涯唯一無二の師、吉村騏一郎先生である。

昨日から、しばしば夢に師のお顔が浮かび、気になって、S夫人に先生の消息を尋ねた。

「先生はお元気でいらっしいますか?」

「いいえ、亡くなられました!去年の3月5日に、癌でした」。

お年は八十歳余。

更に追い討ちをかけるように、教団の代表者のT夫人も今年2月半ばに八十五歳で逝去されたと伝えられた。

ショックを受けた。

何とも言い難い惜別の情に襲われた。

ちょっとした誤解から、一時期、蛇蝎の如く私は嫌われ危険人物とされた経験者でもある。

その私を師は庇ってくださった。あの温もりは忘れられない。いや!忘れてはならないのだ。

私に接触するものは、教団から義絶すると布告が出たと聞いた。

隠れて集会に来るものもいたが、私に付けられた呼び名は「ペスト」、「コレラ」。

様々な中傷誹謗を受けたが私は屈しなかった。

はっきりした使命を帯びていたからである。

それは、あちこちの教会、教団から、貧しさや様々な事情で手のひらからこぼれ落ちる、魂の救済を貴君に頼みたい!

意外な師の言葉に内心驚いた。

私のこれからの行く道を示された。

師は私をじっと見つめていた。その真剣な眼差し、態度に圧倒され、ただならぬ気配を感じ身震いした。

我が生涯掛けても叶わぬかも知れぬ未知の伝道。

神との道行き。

私は覚悟を決めて、師の言葉に従った。

“身を捨ててこそ、浮かぶ瀬もあれ”と、自分に言い聞かせた。

生活は貧乏のどん底。

その日暮らしの私には師の言葉は余りにも大きく不可能に感じた。

しかし、神に投げ身して、キリストのみ跡に続いて欲しい!

君は今からミッションに旅立つてください。

師の眼差しが瞼に焼き付き言葉が心に響き続けた。

私はその言葉に従い、師の元を密かに離れた。

徒手空拳で独立伝道に立ち上がった。

およそ40年前の早春の出来事である。

様々な障害が待ち受けていた。

つづく

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。