特別な力は私には無い。

カリスマ性とは無縁な存在者。

後ろ楯も伝道費もない。

ないない尽くしの自分に一体何が出来ると言うのだ?

師の言葉を思い返し、狭い部屋の壁にもたれかかり考え続けた。

ある日ふらっと、横浜駅の西口に出掛けた。

息苦しさから逃れて駅の前に立ち尽くした。

誰かに声を掛けて、キリストの御言葉を伝えたい。

誘惑に駆られた。

地面から湧きだす人、人、人、の波。

雑踏の中で誰にも声も掛けられず、ただ人の流れに押し流されていく。

そんな自分に無力感を感じ、自己嫌悪に落ちてし まった。

後で考えると余りにも幼稚で、お粗末そのもの伝道の始まりであった。

だが、この経験は後日役立つことになる。

部屋に引き返すと、涙が溢れて止まらない。

その時、自然に祈りの言葉が、口から飛び出した。

主なる神よ!誓願を立てます。

今後、与えられる全ては、あなたのもの。

私のためには用いません。

我が行く道、あなたの御心に叶う道 を愚かなしもべにお示しください!

祈り続けて数日後、心に響きが来た。

『山に分け入り祈れ!わが愛し子、イエスに習い、断食して祈れ!』

私は箱根の大涌谷の馬酔木(あしび=つつじ?)の林の中に分け入り、断食祈祷を始めた。

この辺りは硫化水素ガスが噴き出す危険区域である。

私は風上を選び、雨風を凌ぐ格好の岩場を断食祈祷の場所にした。

7日間の断食祈祷の始まりである†

つづく

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。