シラ書15:1〜20

    知恵の働き
主を畏れる人は、これを行う。
律法に精通している者は、知恵を悟る。
知恵は、母のように彼を出迎え、
新妻のように彼を迎え入れる。
英知のパンを食べ物として彼に与え、
知恵の水を飲み物として、彼に与える。
彼は、知恵に支えられて揺らぐことなく、
知恵に身を任せて、恥をかくことはない。
知恵は、周りの者たちよりも彼を優れた者とし、
集会で語るとき、適切な言葉を与えてくれる。
彼は楽しみを味わい、喜びの冠を受け、
その名声はいつまでも続く。
愚かな者は、決して知恵を悟らず、
罪深い者は、知恵をかいま見ることすらない。
知恵は、高慢な者から離れており、
偽りを言う者の心には決して思い浮かばない。
賛美の歌は、罪人の口にそぐわない。
主に促されて歌うのではないから。
賛美は知恵をもってささげられ、
主御自身がこれを正しく導かれる。

    人間の意志
「わたしが罪を犯したのは主のせいだ」と言うな。
主が、御自分の嫌うことをなさるはずがない。
「主がわたしを迷わせたのだ」と言うな。
主は、罪人には用がないのだから。
主は、忌まわしいことをすべて憎まれる。
それらは、主を畏れる人にも好ましくない。
主が初めに人間を造られたとき、
自分で判断する力をお与えになった。
その意志さえあれば、お前は掟を守り、
しかも快く忠実にそれを行うことができる。
主は、お前の前に火と水を置かれた。
手を差し伸べて、欲しい方を取ればよい。
人間の前には、生と死が置かれている。
望んで選んだ道が、彼に与えられる。
主の知恵は豊かであり、
主の力は強く、すべてを見通される。
主は、御自分を畏れる人たちに目を注がれる。
人間の行いはすべて主に知られている。
主は、不信仰であれとは、
    だれにも命じたことはなく、
罪を犯すことを、許されたこともなかった。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA