シラ書11:22~34

主の祝福こそ、信仰深い人の受ける報いなのだ。
主は、幸せの花を、速やかに咲かせてくださる。

お前はこう言ってはならない。
「今の自分は何の役に立つのだろう。
今後役に立つとしたら、それは何だろう」と。

また、次のように言ってもならない。
「今の自分は満ち足りている。
今後どんな災害がふりかかるというのか」と。

人は、幸福なときには不幸を忘れ、
不幸なときには、幸福を思い出さない。

死に際して、生前の行状に応じて報いることは、
主にとって、いともたやすいことなのだ。

不幸に遭うと、すべての楽しみを忘れるが、
人の行いの評価は、その最期に明らかになる。

どんな人に対しても死を迎えるまでは、
    その人のことを幸せだと言うな。

人間は、その子供たちによって、
    本当の姿が知られるのだ。

    他人を家に入れるな

だれかれかまわず家に招き入れるな。
悪賢い人間が、多くのたくらみをもって
    うかがっているのだから。

高慢な人間の心は、
    籠の中にいるおとりのうずらのようだ。

密偵のように、お前を陥れようと
    すきをうかがっている。

彼は、善を曲げて悪に変えようとねらっており、
申し分のない行いにさえ、非難を浴びせる。

わずかな火種で、炭は燃え盛る。
罪人は、血を流そうとして、
    はかりごとをめぐらしているのだ。

悪者に気をつけよ。
    悪事をたくらんでいるのだから。
お前が傷つき、いつまでも苦しまないように。

他人を自分の家に同居させてみよ。
    もめごとでお前は頭を悩まし、
身内の者からも疎まれる。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。