おしょち様、メールありがとうございます。

聖日の御礼拝の許可良かったです。
でも、感染症には本当にお気をつけてくださいませ。

私のために祈ってくださいまして、ありがとうございます。
でも、そのためにおしょち様の具合が悪くなったらいけないです。
お送りいただいたキリスト様の彫像を見て、この苦悩は他人の重荷を代わりに背負ったためのものだ。
おしょち様を苦しめてはならないと思いました。

私は心が弱いので自分のなすべきことがわかっていても実践できません。
おしょち様や愛の会の方々の愛は本物で厳しさを感じます。
私の今の課題は、年老いた親のためになにをするかです。
思っているだけではいけないです。

寒いので暖かくお休みくださいませ

OM

ご両親のこと、よくわかります。
教会の皆も、オショチを含めてそれぞれ、共通問題を抱えていますから。

一人で抱え込むのは、厳しく、難しいことですが、せめて心の支えになれば、お互いに助けあえたなら?
何か少しでも役立てばと考え、病をきっかけにブログを立ち上げました。

病気、老い、等、やがて訪れる死も、避けて通れない道ですね。
仏教徒の母からは、お釈迦様の説かれた、老、病、死に直面したとき、弱い、人間救済の教えに、慈悲の眼差し、励まし、生きていく上での知恵を学びました。

わたしたち、教会の中に横たわる問題点は、人間共通の真剣な問題、課題です。
が深刻ではないです。
キリスト様のお示しになられた天国を魂の帰り行くふるさと信じていますから。

しかし、目の前の老いた親の介護を皆が同じように出来るとは限らないので、とにかく精神的な孤立、負担が少しでも減らせたらと願いながら毎日を迎えています。

生き物は、死と向き合う生を生きなければならない宿命を背負っていますね。
オショチも死の陰の谷を何度か越えて来ましたが、未だにうろうろしています。
死への覚悟が、生の目覚めになりましたが!逆説的ですが?

弱いことはオショチ†の生きる力になったのです。
おかしな体験です。
まだまだこれからいろいろな試練に遭うでしょうが?

夜更けのメールごめんなさい。
おやすみなさい

12月5日
オショチ†

おすすめ記事

1件のコメント

  1. おしょち様、おはようございます。お教えありがとうございます。死ぬ瞬間に人生を振り返った時に後悔しないように毎日を暮らしたいです。何事も深刻にではなく真剣に考えようと思います。素晴らしいお言葉ありがとうございます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。