友となるべきときに、裏切って敵となるな。
悪評が立ち、恥とそしりを受けるからだ。
それは、二枚舌の罪人がすることだ。

自分勝手な思いで高ぶるな。
さもないと、暴れる雄牛のように力尽きる。

お前は葉を食い尽くし、実を台なしにし、
そして、自分自身を枯れ木のようにしてしまう。

激情は、これを抱く者を滅ぼし、
敵の物笑いの種とする。

誠実な友

のどの麗しい声は、友人を増やし、
舌のさわやかな語りかけは、
愛想のよい返事を増やす。

多くの人々と親しく挨拶を交わせ。
だが、相談相手は千人のうち一人だけに限れ。

友をつくるときは、試してからにせよ。
すぐに彼を信頼してはいけない。

都合のよいときだけ友となり、
苦難のときには、離れてしまう者がいる。

また、心変わりして敵となる友もいて、
争いでお前が吐いた悪口を暴露する。

食事のときだけ友であり、
苦難のときには、離れてしまう者がいる。

お前のはぶりがよいと、お前のようにふるまい、
お前の召し使いたちになれなれしくする。

しかし、お前が落ちぶれると、背を向け、
お前の目から身を隠す。

敵からは遠ざかれ。友達には気をつけよ。

誠実な友は、堅固な避難所。
その友を見いだせば、宝を見つけたも同然だ。

誠実な友は、何ものにも代え難く、
そのすばらしい値打ちは計り難い。

誠実な友は、生命を保つ妙薬。
主を畏れる者は、そのような友を見いだす。

主を畏れる者は、真の友情を保つ。
友もまた、彼と同じようにふるまうから。

シラ書6:1〜17

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。