高慢になるな

自分の財産を頼みとするな。
「わたしは、何でも思いのままだ」と言うな。

本能と自分の力に引きずられ、
欲望のままに生きてはいけない。

「だれもわたしを支配できない」と言うな。
主は必ずお前に復讐なさるだろう。

「罪を犯したが、何も起こらなかった」と言うな。
主は忍耐しておられるのだ。

どうせ罪は贖われるのだからといい気になって、
罪に罪を重ねてはならない。

「主の憐れみは豊かだから、
数多くのわたしの罪は赦される」と言うな。
主は、憐れみだけでなく、怒りをも持ち、
その激しい怒りは罪人たちの上に下る。

速やかに主のもとに立ち帰れ。
一日、もう一日と、引き延ばしてはいけない。
主の怒りが、突然やって来て、
裁きの時に、お前を滅ぼしてしまうからだ。

人を惑わす財産を頼みとするな。
いざというとき、何の役にも立たない。

誠実と自制

風向きを考えずにもみ殻をふるい分けるな。
どんな道でも歩いてよいというわけではない。
それは、二枚舌の罪人がすることだ。

自分の見解には確信を抱き、
発言には一貫性を持たせよ。

人の言葉には、速やかに耳を傾け、
答えるときは、ゆっくり時間をかけよ。

はっきりした見解があれば、隣人に答えよ。
さもなければ、口に手を当てて何も言うな。

名誉、不名誉も言葉しだい、
舌は身を滅ぼすもととなる。

陰口をたたく者と呼ばれるな。
舌で人を陥れるな。
盗人には辱めが、
二枚舌の者には激しい非難が浴びせられる。

大事にも小事にも細心の注意を払え。

シラ書5:1〜15

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。