謙遜

子よ、何事をなすにも柔和であれ。
そうすれば、施しをする人にもまして愛される。

偉くなればなるほど、自らへりくだれ。
そうすれば、主は喜んで受け入れてくださる。

〔身分の高い人や著名な人は多い。
しかし、神の奥義は柔和な人に現される。〕

主の威光は壮大。
主はへりくだる人によってあがめられる。

お前の力に余ることを理解しようとするな。
また、手に負えないことを探究しようとするな。

お前のために定められていること、
  それを熟慮せよ。
お前に示されていないことを知る必要はない。

できないことに手を出すな。
お前に示されたことは、
  既に人間の理解を超えたものなのだから。

多くの者が早合点して道を誤り、
  誤った推測で判断をゆがめてしまった。

〔目がなければ、光を見ることはできない。
知識がないのに、知ったかぶりをするな。〕

  心のかたくなな者

心のかたくなな者は、晩年になって苦しむ。
危険を好む者は、それによって身を滅ぼす。

心のかたくなな者は、重荷を負って悩み苦しむ。
罪人は、罪に罪を重ねる。

高慢な者が被る災難は、手の施しようがない。
彼の中には悪が深く根を下ろしている。

賢者の心は、格言を思い巡らし、
  知者の耳は、格言を熱心に聴く。

  貧者への施し

水が燃え盛る火を消すように、
施しの業は、罪を償う。

好意に報いることは、自分の将来のためになる。
困難に陥ったときに、支えが与えられる。

シラ書〔集会の書〕3:17〜31

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。