望んだ訳でなし。

望まれた訳でもなし。

可もなく、不可もなく!

ただ、あるがままの現実を黙って見つめている我。

静かに流れて行く時に身を任せます。

諦観でもなく、さりとて気張りでもなく!

あるがままが、人生そのものだと、素直に納得できるから不思議です。

“病は人生の師”より

「†神よあなたのみ心のままに」

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。