骨髄採取の痛みは、尿管に麻酔無しでやった痛さと、比較の話しだよ。

歯を食い縛り、気絶するか?と思った。

あの痛みに比べたら痛くはない。

正直な話しだが、二度とやりたくはないね

麻酔無しでやった痛さの後日談だが!

先生、看護師方々には“凄い体験者”と言われているよ。

誰も好きこのんで痛い手術は受けたりしない

今回は例外中の例外で、瀕死の腎臓を守る手立てはこれ以外になかったからね

その痛みの記憶から逃れたい一心から、「生き延びたい」が→「生きる」に、繋がったのが本音かもしれないが。

黒澤明監督と、名優、志村喬に救われた。

ガン患者の深刻さは、ガンに無知な人間の想像を越えてる。

周りにガン患者さんがたくさんいるし、病魔との苦闘が肌身に伝わるから。

それで、ふと!脳裏に浮かんだのが、皆が知ってる、黒澤明監督の作品だった。

映画の力を借りて、病友を励ましたくて!

一番はオショチ自身かも?

今は、抗がん剤は未体験だから。

次に病棟の、仲間たちのために!

たとえフィクションでも、ガンの虜になり、ガンに負けて欲しくないから、頑張って描いた→書いた!ではない。心にイメージした。

オショチの「生きる」になった訳

ガンの事は、軽々しく書けない!

オショチの悪性リンパ腫との闘いは始まったばかりだから!

祈ってみ国、天国を想うと、不思議に心に曇りはない。

皆、お休みなさい

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。