また入院しました。

4月半ば、右腎臓と胆嚢の摘出手術を受けて、回復期に入ってきた矢先に急性腎不全に似た症状が出ました。

明日から最後の治療、悪性リンパ腫の抗がん剤治療も始まります。

どうやら真犯人は悪性リンパ腫らしく、その影響でやられた右腎臓の手術をしました。

4月半ばの事でした。

あの日から3ヶ月あまりで、また緊急入院です。

一見順調に体力回復して来たかに感じていましたが?油断した隙を病魔に付け込まれたのか?と。

人間は、長い間に様々な体験をするものですね!

今、入院先の病室の夜景を眺めながら生き物の生死について深く考えさせられています。

いろいろな出来事が瞼に浮かびます。

偶然ですが、約7年前にも当時、東京慈恵医大の消化器・肝臓内科の戸田剛太郎教授の外来診察を受けた折り、肝臓の数値が異常に高く、即、入院となりました。

入った病室が同室でした。

15階の眼下に芝の増上寺が見えます。

また、東京タワーの夜景は幻想的な美しさです。

夜景を一人静かに眺めながら考えています。

「老いは自然の成り行き」

さんざん使わせて頂いた体が傷むのも仕方がないか、と!

これは単なる諦めではなく、これから先、ここを人生第三のスタートラインと考えての思考です。

新たな人生計画です。

牧師と建築家を同時にこなしてきた、私の人生計画はまだ未完成ですから!

未完成の仕事を完成させたい意欲が沸き上がります。

大概の試練には耐えられそうな気がします。

ごく当たり前のこととして、我が人生の過ぎ行く事態を、その人生計画の進行状況を、眺めている自分に気付きました。

精神的老化はしたくないですね!肉体的老化は受け入れても、心の張りは失いたくないのが本音です。

さらに突っ込んだ話ですが!体から霊魂が離脱する瞬間迄はしっかり生きたいと神にお願いをしています。

そんな、こんなの中で自然に、疑問も生じて来ました。

何故?7年の間に、肝臓、腎臓、頸椎のおぺを含めて6回の入退院を繰り返したのか?

さすがに考え込んでしまいましたが、神がお与えくださった試練だと受けとめると合点がいきます。

密かに何処かで病魔と闘い、孤独の中に身を置かれているあなた!悩み苦しむ未知の兄弟姉の痛み苦しみを共有することの意味と価値を考えました!

さて昨夕の泌尿器科の緊急手術ですが!

(残った左腎臓の水腎症背後性腎不全)のためのステント挿入は泌尿器科の木村高弘先生の判断で麻酔薬無し、また、術後も、座薬なしの、前提で手術台に身を横たえました。

正直な話ですが手術台に磔にされました。

左の尿管は既に一年半前に尿管狭窄症で手術をしています。

もし、ステント挿入が成功しない場合の次善策は直に腎臓に穴を開けて管を挿入し、「命を救う!」先生のこの一言が心に響きました。

その一言で私の覚悟が出来ました。

ゴルゴタの磔刑のキリストの痛み、激痛に想いを馳せました。

短くて、とても長い30分間が過ぎました。ステント挿入が成功したのでした。

手術室には独特な静謐が感じられます。命のやりとりが現実に行われる聖域です。

この体験記がブログとなりあなたのお役に立てたらと祈ります。

消灯時間が過ぎました。

神の平安を祈りつつ!

アーメン・ハレルヤ†

おすすめ記事

2件のコメント

  1. イエス様は荒野で40日40夜の断食をやり遂げ、人間の限界ギリギリまで自分自身を追い込み、悪魔の試みを受けました。
    おしょちも違うかたちで、人間の限界まで追いやられ、病魔との闘いに挑んでいます。

    おしょちは既に何度も勝利しました。
    やがて死を迎えますが、その時が最後の完全燃焼、最高の勝利の時です。
    おしょちが目指している完成ではないかと思います。
    平成の予言者であるおしょちの命、魂は、御自身の想像を、はるかに超えた神様の計画の中にあるように思います。
    今まで、おしょちには頑張って欲しいと、祈りながら応援していましたが、これ以上頑張ってなんて言えません

    おしょちには身体の力を抜いて欲しいと思います。
    強風に立ち向かう大木でなく、風になびく笹のように、悪魔の攻撃を受け流して欲しいです。
    おしょちは、どちらに転んでも勝利が約束されています。
    おしょちとの再会を願っています。
    アーメン(>人<)

  2. ブログ、ありがとうございました。
    愛川先生も、悪性リンパ腫の治療に入られるとのこと。ご無沙汰していますが、わたしの親戚も、悪性リンパ腫。今も、治療中です。化学療法と放射線治療です。命のことは、神にゆだねるだけです。
    愛川先生の上に、神様の癒やしがありますように、祈ります。アーメン。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。