昨日の東京都議会議員選挙で、自公両党の政策に都民が突き付けた審判には、胸の奥底のつかえが取れたと感じた人々が 多くいたのではないでしょうか?

古い手法や利権がらみの政策、既成の価値観への人々の意識の変化に対応出来ない政治に、人々→都民、国民がはっきりノーを突き付けたのです。

明快な回答でした。

いい加減なその場しのぎが通用すると、与党の連中が考えていたなら、選挙民を愚弄する馬鹿げた話です。

こんな連中に、この国の大事な政治が未来が任せられるでしょうか?

このままではとんでもない国に成り下がってしまいます。

官僚と政治家のはっきりした、役割、使命感、区別が、今一つ、スッキリしません。

もやもやした感じです。

かび臭い、古びた手法は既に機能性を喪失しています。

狭い組織、視野の狭い考え方を変えない限り、凄い勢いで変革しつつある、新しい世界に取り残されてしまいます。

この国の大事な役割は、改めて、環境破壊を食い止める手段、平和、富の偏らない公正な配分、そのための生きた経済政策などなどです。

自分たちで真剣に考えた、世界に通用する、普遍的なマニフェストを発信すべきです。

平和に役立つ文化政策も含めて、世界に提案をすべきです。

近づく衆議院議員総選挙に世界の目が集まっています。

尊敬される国作りを目指すべきです。

平和で、世界中の国々に、武力等必要としない国の姿を、示す責任があります。

世界中で初めての被爆国の大事な使命、役割です。

64年前の8月9日の長崎原爆投下のあの悲惨な光景を忘れた政策、政治は、亡くなられた人々の犠牲を冒涜するに等しい筈です。

近づく、衆議院議員総選挙の中に是非とも加えて欲しい政策に、平和国家の在り方を、政権担当する政治家に求めます!

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。