ジョン・バニヤンは深刻な信仰的苦闘の最中で絶えず祈り、絶えず聖書を読み、ついに信仰を確立しましたが、勝利を得ましたが、その間、何度も苦難にあいました。

しかし彼は、ひるまず信仰を語り続けました。

彼の話しは聞く人々の胸を打ちました。

彼にキリストは人生のすべてでした。

私の知恵、義、聖潔、贖罪、彼は使徒パウロのように、主の功績、勝利、義、愛すべてが私と共にある!と確信したとき、彼の苦難の嵐は去りました。

まだ25歳の時でした。

彼が本格的説教者として立ち上がるまで5年の歳月が必要でした。

その後、政治が激動し王政復古の嵐が吹き荒れます。チャールズ2世の時代の始まりでした。

続きます。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。