今も昔も貧乏暮らしは変わりませんが、あの時は阿蘇山に行くガソリン代がなくて、神様、ガソリン代を工面して下さいと、祈りました。

祈り求めていた数日後思いがけないお方から、伝道活動費にと献金をいただきました。

片道分でしたが、喜び勇んでぽんこつ車に乗り、一路、阿蘇山を目指してひたすら走りました。

車で仮眠をとり、あんパン一個に牛乳一本が一日分の食事です。

苦労しながらやっとたどり着き、地面に膝まずき祈りました。

地熱で足が焦げそうです。

しかしなんの応答もなく一夜が明けました。

はるばる祈りに来た私の“聖地”はただ白い湯煙にかすんでいました。

しばらく経った時、光が差し込んできました。

祈りの手を休めて、山の斜面を何気なく見た時です。

かすみの中に人影らしい姿を見ました。

空中に浮き上がって私を見下ろしています。

合掌している姿でした。

不思議な瞬間でした。

消えたあとに湯煙の音も消え、静寂に包まれていたのです。

はるばる来て良かった!涙がとまらないのです。

地獄谷に別れを告げて下山しました。

帰路、琵琶湖に行けと言われて、行き先が分からぬまま車を走らせました。

ある一軒の農家を訪ねました。

牛たちが、見知らぬ訪問者を迎えてくれました。

やがて主がUさんと言うお方があらわれ、通された部屋の仏壇に手を合わせた時、扉を開いてくれました。

中には位牌の隣に†字架が見えます。

彼が灯りをともしました。

それはクリスマスのイルミネーションでした。

ずいぶん変わったお仏壇ですね?と尋ねますと、彼は「わたしは隠れキリシタン見たいなものです」と淡々と話してくれました。

いとまごいをする時、真顔になり、「あなたが訪れることがわかってお待ちしていました」と話してくれました。

さらに「帰りのガソリンを満タンにしましょう」と言われ、予備タンクからガソリンを入れて下さったのです。

聖霊に導かれる不思議な体験の旅でした。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。