来月中半ごろ、中井の教会に背丈115センチの聖パウロの像が来ます。

長崎の中田ザビエル工房にお願いしました。

一昨年夏、キリストの聖像が中庭に建ちました。

去年秋には聖母マリア像が礼拝室に安置されました。
今年の夏には聖パウロ像が二階の廊下の突き当たりに安置されます。

中田ザビエル工房の中田三穂さんのお話では、「長崎のカトリック教会では聖パウロを記念して去年の6月29日から今年の6月28日までの一年間を聖パウロ年として設定し、聖パウロの福音宣教の情熱、勇気、神への愛を認識させられた次第です」との連絡を受取りました。

神の使命を全うした聖パウロはすごいですね。

長い歴史の中で活き活きと語り継がれます。

人間の心の奥底に共鳴、共感する篤い命に触れるんですね。

清らかな存在、人々の魂に安らぎと勇気、優しさを与え続ける聖なる存在に人々の心は惹き付けられます。

ネット教会の使命を深く噛み締めています。

暗い世の灯を消さないで
守り続けたい気持ちが強くあります。

使命だと受け止めています。

人生苦にあえいぎながら、希望を捨てず頑張っておられる兄弟姉妹の方々に少しでも、生きる希望を分かち合えたらと願い祈ります。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。