先生は婿養子の方に遺言をしたと後でお聞きしました。

吉冨はひっそり死にたい。
誰にも通知してはならない。

私は虫の知らせで、息子さんに手紙を出しました。

受けとった返事に先生が91歳で静かに天に召されたとしたためてありました。

私への遺言は特にありませんでしたが、

もし連絡が来たら、吉冨は先に行く

と書かれていました。

思い返せば孤児同然の先生の生きざまは壮絶の一語に尽きます。

幼い日、空腹のあまり畑の土を食べて、飢えを凌ぎ、神に生涯を捧げた神の愛の伝道者でした。

私の生きざまは吉冨先生を抜きにしては語れないのです!

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。