万策尽きたとき断食祈祷を決行しました。


40歳から50歳代までに4回やりました。

3日間程度は絶食です。

断食の動機は、いろいろありましたが、身近なところでは田舎にいる妹の大病がきっかけでした。

失明の危機にさらされていました。

ステロイドの多用が引金ではないかと、疑いました?

私が今、妹にしてやれることは、断食祈祷しかないと、直感しました。

時期は真冬でした(1981年⇒昭和56年の1/31-2/10)。

場所は、神奈川県湯河原の山の中腹にある知人の牧師の教会の納骨堂です。。

コンクリートのタタキの上に、すのこ板を敷き寝袋1枚に水だけでした。

その夜ひどい風雨になりました。

納骨堂の扉ががたがた風に揺すられて、はげしい音を立てます。

時折、扉の隙間からヒューヒューと若い女性の泣き声のような声が聞こえてくるのでした。

一晩中、風雨の音を聞きながらロウソクを灯して祈り続けました。

何とか助けたい!一心でした。

祈りました。

冷気が下から足腰に鋭い針のように突き刺さります。

妹を助けたい気持ちが強く、不思議に心は静かでした。

人間は一心不乱になると怖い物が無くなるんですね。

愛は恐れないい!」と言われますが、命の身代わりも不可能ではないと感じました。

癒しを確信して祈りました。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。