望郷の想いは、生きる力になります。

田舎の家の囲炉裏を囲んで、食事の前のひととき、火種を竹筒の先に小さな穴を開けた火おこしで、ふうふう吹きました。

あまり強く吹くと灰が舞い上がります。

薪をくべます。

灰をかき揚げた残り火が、勢いよく燃えます。

楽しみの一つでした。

囲炉裏の上には鉄の鍋が、天井の黒びかりする梁から紐でつり下げた鈎の先にぶら下がっていました。

美味しい臭いが部屋中にたちこめました。

囲炉裏の回りに、川で捕れた小魚が串刺しになり、こんがり焼けて芳ばしい香りがします。

今も時々見る、懐かしいふるさとの夢です!

望郷の念が募る今日この頃です。

母も イソばぁばぁーも既に他界しているはずもないのにふるさとの山河が呼び掛けて来ます。

「お前帰らんか?」中井の教会にふるさとの家 日田と名付けました。

大切な、ふるさとを中井に築きました。

これは皆の心のふるさとになればと願っています。

この仕事のエネルギー源は中井です!

寄り添い助け合い、苦しみは分かち合います。

うれしいときは皆の顔が輝きます。

この力を、フィリピン・クリオン島の恵まれない子どもたちとその家族に注いで来ました。

彼らもわたしたちの大切な家族の一員です!

望郷の想い出夢が重なります!

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。