今世界中が殺気立っています。

隙を見せないように理論武装し、また最新兵器〈殺人の道具〉で身構え、外交も実りのなく、何か結末が見えてくるような始末です!

昔話ですが、ロシアにイヴァンという人がいました。

イヴァンの馬鹿』の物語は、イヴァンは他人の幸せだけを願い、いつも損ばかりするのですが、いつか人々が優しさに目覚め、愛し合うようになる素敵な物語です。
現実離れした夢のような話ですから、余計夢が膨らんで来ます。

隣国の北朝鮮の金正日氏の、6か国協議が、彼の体の痛みを少しでも和らげる思いやりを、会談の冒頭、真心から伝えたら、今までとは違う成果があるのでは?

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。