旧約聖書エゼキエル書に、霊についての記述があります。

わたしは新しい心をあなたがたに与え、新しい霊をあなたがたの内に授け、あなたがたの肉から、石の心を除いて、肉の心を与える。わたしはまたわが霊をあなたがたの内に置いて、わが定めに歩ませ、わがおきてを守ってこれを行わせる。

エゼキエル36:26ー27

霊は神からの賜です。

人間の所有ではないのです。

魂は肉体に宿るもの、はっきり区別されています。

イスラエル人は魂は、人間を具体的な一個の統一的、人格として考えていました。

イエスは、体は殺しても魂を殺すことができない(マタイ伝10:28)と言い、また全世界にも代ええない命(魂)の価値を説かれました(マタイ伝16:26より)。

昨日、お隣の韓国で 悲しい出来事が起きました。

前大統領の自殺です。ショツキングな悲劇です。

彼は遺書を残しました。

生も死も一つだと、言う意味の言葉を残し、誰も恨まないように等、残された人々への配慮がにじんでいました。

自殺の動機はいろいろ取り沙汰されていますが?、キリスト教徒の真摯な彼が死を思い詰めるまでの心の葛藤が、余人には、量りがたいものであったことは察しがつきます。

自殺は神に恵みを投げ返すことです。

さらに殺人は、神のご意思を阻害することです。

神に与えられた命を粗末にすることはイエスの御心に反します。自殺、 殺人いずれも罪を犯す事に変わりはありません。

たとえ全世界の財産を手にしても、自分の命(魂)を失えば何の益があろうか?イエス様の溜め息が聞こえて来ます。

世界中が平気で殺し合う!神無き世界は暗黒です!

わたしごとき、小さな者の声は喧騒の渦に巻き込まれてしまうかも知れませんが、やはり 叫ばずにはいられません!

「命を魂を大切に!」と!

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。