イエス様が弟子や民衆に説かれた死生観は、死の為に全てが消え去り、無と化すと言う考え方を根底から否定し、死を生に覆すものでした!

死を突き破る考え方に、当時の人々の驚き、戸惑いが即々と身に伝わります!
死人が生き返る?常識では有り得ないことです。

現に、ユダヤのベタニヤ村で死んだ、ハンセン病のラザロは墓の中で死臭を放っていましたから。

聖書の告げる記述には、白い布に包まれたラザロがイエス様の一言で蘇ったと書かれています。

奇跡は否定出来ません。

しかし我々の日常生活で、こんな話は有り得ないと考えるのが妥当でしょう。

ラザロの蘇生

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。