心身が病むと、孤立しがちになりやすい傾向が目に付きます。

自分の病気を知られたくない。

この気持ちは今回、嫌と言うほどたっぷり味わいました。

人目を避けたくなるのです。

この姿が自然なのだと、納得しました。

エネルギーがひどく消耗している時は、人の目を見るのが辛いのです!

エネルギーの消耗を防ぐ信号を脳が発信して、それに身体が従う。

これで体力の消耗を防ぐ。

「これで良いのだ!」を、体験出来ました。

無理は禁物ですね。

まず自分の本当の声を聞き取る。

それから少しずつ気持ちを整理して、回復を目指す

これは試して頂けたらと思いますが?

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA